Life is Tech!のメンター向けにWebDハッカソンを開催したよ!

今回の記事は、11/23の勤労感謝の日に行なわれた、ライフイズテックのメンター向け、WebD-1グランプリの開催レポートです!

Life is Tech!と今回のハッカソンについて

まず簡単にLife is Tech!について説明すると、中高生にプログラミングを教えることがメインとなっている会社で、その教える人たちは全員大学生で、メンターと呼ばれています。
色々な分野の学生がいるのですが、技術力の向上のため、勉強会が開かれていたりもしており、今回その一環でハッカソンが開催されることになりました。

痛快webDゆるっとジャパン vol.1の勉強会の後、インプットもいいけどアウトプットできる場も欲しいよねということで、社員であるざわっちさんと、メンターのはくと開催することが決まりました。

WebD-1グランプリとは

bg_sp

Life is Techのメンターたちが1つの会場に集い、Webデザインをを楽しみ、競い合おうというイベント、それがWebD-1グランプリです。コーディングをしたいけど良い題材がない? ポートフォリオ作成もいいけど、色んなテーマで作ってみたい? 一日で世界に公開されるWebサイトを作っちゃいましょう。すごいアプリから世の中のためになるサービス、IoTまで、それらを引き立たせ、ユーザーとつなぐ事ができるのがWebデザインの醍醐味。いっぱい作っていっぱい見ていっぱい触って、お楽しみください!

実際の告知ページ(https://webd1-grandprix-2016.netlify.com/

開催中の様子

15168733_1239915029417101_5181911867667655320_o

15167650_1239915222750415_7970005243413610156_o

午前10時から開催され、タイムスケジュールはこんな感じでした。

10:00 オープニング&テーマ発表
10:30 ~ 16:15 開発タイム
16:30 発表会
17:30 審査発表
18:00 懇親会
4期から8期のメンター総勢12人が参加してくれました。

15167675_1239915539417050_8695943052653869505_o

LPのお題はというと・・・

LPのお題はというと、同じメンターのへむへむが作成きたアリバイカムというアプリ、今回はそのアプリの意図をくみ取り、ダウンロードにつながるようなランディングページを作るというのがお題でした!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-17-48-55

面白かったのは、LPを作るだけでなく、アプリを総プロデュースしていたり、自分たちで動画を作ったり、シェアボタンを配置したりとプラスαで何かしているグループが多かったです。短い時間の中、どのチームも本当に頑張ってくれました。

結果発表

今回審査員は、アプリを作ったメンターへむへむ、ライフイズテックのデザイナーざわっちさんと、同じくディレクターのしゅんぺーさんがしてくれました。評価項目はビジネス、完成度、デザイン、テクニカルの4つと、その他(加点)からなっています。サイトはスマホ版が多いのでPCで見るときは崩れているかもしれません、ご注意ください。

優勝チーム「段々畑」

15235602_1239916499416954_8028789979709187883_o

15156957_1239915809417023_8454807357823839694_o

http://guide-lessons-75020.netlify.com/

今回の優勝チームは、たいてぃー、ちゃんちー、ゆめめからなるチーム「段々畑」でした!
メインビジュアルとなる写真を自分たちで考えて撮ってもらったり、使い方の動画を作ったり、他の班に比べてアプリの制作者の意図がよく表れていたりと素敵なサイトでした。
とにかくこの班は一番元気も良く、ワイワイやっていたのも印象的でした。
 

デザイン賞「チームすいよう」

s__1483020

https://touyou.github.io/webd1_comp/

デザイン賞は、うえちゃん、ふなみん、とうようのLife is Tech!スクール水曜担当メンターからなる「チームすいよう」でした。
この班の印象的だったところは、サイトを作るだけでなくアプリのアイコンや、アプリの中の写真のスタンプを改良したり、トータルでアプリをプロデュースしていました。また3人中2人はWebをメインとしないiPhoneコースのメンターというのもすごいなと思いました。彼らはこの日、夜からプログラミングスクールの講師があったため、颯爽と帰って行きました。
 

テクニカル賞・オーディエンス賞「はんばーぐ」

s__1483018

https://sasurai-usagi3.github.io/landing-page/index.html

テクニカル賞とオーディエンス賞をダブル受賞したのは、チームはんばーぐでした。デザインも洗練されていたのにプラスして、JSを使って時計を表したりと実装に関してはお見事!というような感じでした。

審査員の講評

今回はデザインが優れているというよりも、どう伝えるべきか何を伝えたいのかというビジネス面においての評価項目に比重がいき、段々畑チームが優勝になりました!
Behance(https://www.behance.net/webd1grandprix2016)に各チームのデザイン画も載っているので見てあげて下さい。

参加者の感想

15128921_1239915899417014_4985051810040815830_o

15138319_1239915799417024_2488791381427625015_o

開催後にアンケートを取ったのですが、参加してよかった!という声や、やっぱり時間が少なかった分思い通りのものが作れなかったっていう意見もありました。逆にプロや審査員の人はどんなものを作るのかみたいというような声ももらい、インプットなどの勉強会もあればなと思ったりしました。

まとめ

15194351_1239916732750264_1996526876184876072_o

今回このようなハッカソンをやってみて、運営は大変だなと思ったけれども、自分の実力って他人と比較したり披露する場がないと分からないこともあるし、よいアウトプットの場になったのではないかと思います。

今後の課題は、継続と資金だなと思っています。きちんと継続して行われるためにまとめて別に記事を書こうと思います。

当日の様子をざわっちさんが動画にまとめてくれました。こちらから是非ご覧ください!