大学生になって5回目の引越し。

*今回の記事は全くと言っていいほど、プログラミングもデザインも何も関係ないただの日常です。そしてエモいです。
 

大学生になって5回目の引越しである。引越しは好きかと言われれば好きだけれども、とても面倒くさい。(2年前の引越しの図)
 
 


 

一番初めに住んだのは滋賀県。
なんやかんやここが一番住みやすかった気がする。駅前に24時間の西友と、チャリ通なので終電なんぞない遊び散らかせる街。楽しかった。
 
 


 

次は京都。短かったけど妹と2人暮らし。向かって左が私の部屋で、右が妹のスペース。私が住んだのは3か月くらい。京都駅の近くで買い物は便利だったけど、なんせ一番近いスーパーが京都イオンだったので下町感みたいたのはなかった。大学は大阪、サークルは滋賀だったので、これまた交通費がかさんだ。マンションのクオリティはかなり良かった。親に感謝。
 
 


 

ついでセブ島。いうまでもなく、ここは日本ではないので、当たり前が当たり前じゃないことに驚いた。
シャワーが温水にならない、ゴキブリがやたら出る、食べ物を出しとけばありにやられる。まあでも適当な街だっので居心地はよかったかも。どちらかと海外にいると気軽に話せる人がいない方がつらい。初シェアハウスはなかなかに辛すぎた。
 
 


 

からの京都・東京の往復生活。もう絶対やりたくない。上野のシェアハウスに住んだ。シェアハウスは正直あまり好きじゃない。人に気を使う人にとっては大変だと思う。
 

どうせ私の家具家電は妹が使っているので、買うのもアレだしということでシェアハウスからシェアハウスに移動して、これで5軒目。板橋は交通の便がいいし、静かな街だし、犬が多いので癒された。
 

そして今週末また引っ越す。最近はずっとシェアハウスか共同生活だったので、1年と8ヶ月ぶりの一人暮らし。楽しみだけど、今まで掃除のおばさんが水回りを掃除してくれてたので、掃除ができるか危うい。掃除頑張ろう。